土鍋 - kawashima the japanstore
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状はシンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の飯炊き釜五合炊き 東屋の飯炊き釜五合炊きは伊賀の土を使って作られています。 三重県にある耕房窯で 熟練の職人によってひとつひとつ手作りで製造。 お米を美味しく、簡単に炊くために設計されており 難しい火加減の調整が必要ありません。 お釜の高い蓄熱力によって ごはんの芯までしっかりと熱が浸透。 ふっくらと炊きあがります。 釜炊きのご飯を一度味わうと 炊飯器にはもう戻れません。 「耕房窯」 伝統の伊賀の土を使った鍋を作る耕房窯。 伊賀焼の無骨で味のある雰囲気を 最大限に引き出してくれています。 「黒飴釉」 飴釉とは鉄釉の一種で 酸化焼成で褐色になる釉薬です。...
売り切れ
東屋の飯炊き釜二合炊きギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の飯炊き釜二合炊き 東屋の飯炊き釜二合炊きは伊賀の土を使って作られています。 三重県にある耕房窯で 熟練の職人によってひとつひとつ手作りで製造。 お米を美味しく、簡単に炊くために設計されており 難しい火加減の調整が必要ありません。 お釜の高い蓄熱力によって ごはんの芯までしっかりと熱が浸透。...
売り切れ
東屋の飯炊き釜三合炊きギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の飯炊き釜三合炊き 東屋の飯炊き釜三合炊きは伊賀の土を使って作られています。 三重県にある耕房窯で 熟練の職人によってひとつひとつ手作りで製造。 お米を美味しく、簡単に炊くために設計されており 難しい火加減の調整が必要ありません。 お釜の高い蓄熱力によって ごはんの芯までしっかりと熱が浸透。...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋八寸 東屋の於福鍋八寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋八寸 東屋の於福鍋八寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋九寸 東屋の於福鍋九寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋九寸 東屋の於福鍋九寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋七寸 東屋の於福鍋七寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の於福鍋 ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の於福鍋七寸 東屋の於福鍋七寸は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は...
売り切れ
東屋の布袋鍋六寸半サイズギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋六寸半サイズ 東屋の布袋鍋六寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋六寸半サイズギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋六寸半サイズ 東屋の布袋鍋六寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋九寸サイズ 東屋の布袋鍋九寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋九寸サイズ 東屋の布袋鍋九寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋一尺 東屋の布袋鍋一尺は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋一尺 東屋の布袋鍋一尺は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
昔から親しまれてきた「行平鍋」 「行平鍋」(ゆきひらなべ)という、昔から日本で親しまれてきた形の土鍋です。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋(ゆきひらなべ)とは? 土鍋の一種で、注ぎ口、取っ手、ふたのあるもの。 厚手の陶器製なので中のものが冷めにくく、お粥に最適とされています。 天明(1781‐89)の頃から作られるようになり普及したと言われている歴史のある土鍋です。 行平鍋という名前の由来は、在原行平(ありわらのゆきひら)が須磨で海女に 塩を焼かせたという故事からきているという説があります。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 蓋も付いていますので、お粥作りに最適とされる行平鍋。 色々なお料理にも応用できそうです。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、...
計 33 商品中 1 - 20 商品