テーブルウェア その他 - kawashima the japanstore
東屋 宮島 六寸半サイズ ご飯用しゃもじ
¥1,728 
東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋宮島ご飯用しゃもじ 東屋宮島ご飯用しゃもじは広島県にある倉本杓子工場で作られています。 広島県と言えば厳島神社で知られる宮島。 その宮島の伝統工芸品として有名な杓文字(しゃもじ)からあやかって "宮島"と名付けられました。 シンプルで美しい流線型のフォルムの杓文字です。 安心の国産品 末永く安心してご愛用いただく為に 国産の天然木を無塗装で製造されています。 表面に化学的なコーティングは一切無く 職人の手作業によって仕上げられています。 美しい木目が出るように木肌のきれいな部分を選定して 作られています。 国産天然木"梓"を使用 梓は良質の用材で仕上がりがよく 弾力性に富み強靭な材とされています。 古くには印刷の版木や弓に使用されていました。...
東屋 土灰豆皿 梅
¥895 
東屋 土灰豆皿「梅」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 土灰豆皿 桃
¥895 
東屋 土灰豆皿「桃」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 土灰豆皿 木瓜
¥895 
東屋 土灰豆皿「木瓜」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 土灰豆皿 扇
¥895 
東屋 土灰豆皿「扇」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 土灰豆皿 ひょうたん
¥895 
東屋 土灰豆皿「ひょうたん」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 土灰豆皿 たんぽぽ
¥895 
東屋 土灰豆皿「たんぽぽ」 豆皿という名前のとおり、手のひらサイズのちいさなかわいいお皿。 おかずやお漬物を選り分けたり、醤油用にもピッタリです。 人数分揃えてみたり、種類も豊富なのでいろんな形違いで揃えてみたり。 テーブルを賑やかにしてくれそうです。 「土灰」の質感 雑木を焚いた後に残る木灰をかけて焼き 仕上げられた土灰豆皿。 少しザラッとした質感や 凹凸や鉄分による黒いちいさな点々、 生成りのようにくすんだ白。 素朴で優しい素材感でありながら美しい、 他の食器とも馴染みやすいお皿です。 形や色の濃淡が一点一点微妙に異なり 職人の手仕事ならではの 「味」を楽しめます。 「食との相性」 派手すぎず、地味すぎない、丁度よい塩梅のデザインで 食卓での使い勝手が良い豆皿。 日常でも、おもてなしでも活躍してくれそうです。 種類は7種類ございます。 まとめて揃えたくなるアイテムですね。 東屋の土灰豆皿 バリエーション 思わず全部揃えたくなる、豆皿のバリエーション。 それぞれ和風な植物や昔ながらの生活道具をモチーフにデザインされています。...
東屋 バターケース 450g容量 TAKEFUキッチンクロス付き
¥6,804 
東屋バターケース450g容量ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋バターケース450g容量 東屋のバターケースは 山桜の無垢材から作られており、きめ細かい肌触りの良い仕上がりになっています。 表面には胡桃油が塗り込まれていて、木の変形を抑えています。 このバターケースは450gサイズのバターがピッタリと収まるように作られています。 450g以上のバターの場合は切り分けてケースに入れられます。 余ったバターはラップして冷蔵庫で保存しておくと 鮮度が落ちずに済みます。...
手で曲げて自分でつくる、錫の器|すずがみ13×13 かざはな
¥2,700 
すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器 とは 「すずがみ」とは、紙のように薄くて、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器です。 伝統工芸の鋳物づくりで有名な、富山県・高岡の地で寺院の「おりん」をつくる職人が、その鍛金の技をつかい、一枚一枚金槌で丹念に叩いてつくりました。 薄くて軽い「すずがみ」。金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、力を込めずに簡単に曲げることができます。 四隅を折ってお皿として、また一角だけ折り畳んで箸置きとして。サイズに応じて、平皿、取り皿、菓子皿としてなど器としてもさまざまな用途にお使いいただけます。 こちらは、13cm×13cmのサイズ、鎚目模様「かざはな」の商品となります。 すずがみのご紹介 「すずがみ」は金属ですが、薄く、非常に柔らかいため、お取り扱いには十分ご注意ください。   「shouryu」とは 「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用の「おりん」を専門に製造しているシマタニ昇龍工房の自社ブランドです。 シマタニ昇龍工房のある富山県・高岡市は、元来鋳物づくりで有名な場所です。高岡市でつくられる「高岡銅器(たかおかどうき)」は、伝統工芸品に指定されています。 この地で、シマタニ昇龍工房は寺院で使われる仏具「鈴(りん)」をつくってきました。 今では、全国に10人に満たないといわれる「おりん職人」。この工房には3人の職人がおり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。 おりんの製作風景 この「金鎚で叩く」技術から新しく誕生したのが、「すずがみ」です。 「すずがみ」の誕生 「おりん」づくりで培われた、職人たちの熟練の鍛金の技を用いて、「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」その考えが「すずがみ」誕生の元となっています。 「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。 圧延された、わずか0.7mmほどの錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備えることができます。 長年のおりんづくりで培われた熟練の技から生まれた、鍛金職人ならではの商品となりました。 熟練の職人がリズミカルに叩いた錫の板は、金属層が幾重にも重なり合って繊維状になり、折り曲げによる金属疲労の度合いが減っています。 「金鎚で叩く」技術により生まれた「すずがみ」。使う人自らがかたちづくる楽しみが、「すずがみ」の楽しみです。 金属なのに自由に曲がり、スーッと伸びる、新しい感覚をぜひお楽しみください。...
手で曲げて自分でつくる、錫の器|すずがみ13×13 あられ
¥2,700 
すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器 とは 「すずがみ」とは、紙のように薄くて、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器です。 伝統工芸の鋳物づくりで有名な、富山県・高岡の地で寺院の「おりん」をつくる職人が、その鍛金の技をつかい、一枚一枚金槌で丹念に叩いてつくりました。 薄くて軽い「すずがみ」。金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、力を込めずに簡単に曲げることができます。 四隅を折ってお皿として、また一角だけ折り畳んで箸置きとして。サイズに応じて、平皿、取り皿、菓子皿としてなど器としてもさまざまな用途にお使いいただけます。 こちらは、13cm×13cmのサイズ、鎚目模様「あられ」の商品となります。 すずがみのご紹介 「すずがみ」は金属ですが、薄く、非常に柔らかいため、お取り扱いには十分ご注意ください。   「shouryu」とは 「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用の「おりん」を専門に製造しているシマタニ昇龍工房の自社ブランドです。 シマタニ昇龍工房のある富山県・高岡市は、元来鋳物づくりで有名な場所です。高岡市でつくられる「高岡銅器(たかおかどうき)」は、伝統工芸品に指定されています。 この地で、シマタニ昇龍工房は寺院で使われる仏具「鈴(りん)」をつくってきました。 今では、全国に10人に満たないといわれる「おりん職人」。この工房には3人の職人がおり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。 おりんの製作風景 この「金鎚で叩く」技術から新しく誕生したのが、「すずがみ」です。 「すずがみ」の誕生 「おりん」づくりで培われた、職人たちの熟練の鍛金の技を用いて、「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」その考えが「すずがみ」誕生の元となっています。 「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。 圧延された、わずか0.7mmほどの錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備えることができます。 長年のおりんづくりで培われた熟練の技から生まれた、鍛金職人ならではの商品となりました。 熟練の職人がリズミカルに叩いた錫の板は、金属層が幾重にも重なり合って繊維状になり、折り曲げによる金属疲労の度合いが減っています。 「金鎚で叩く」技術により生まれた「すずがみ」。使う人自らがかたちづくる楽しみが、「すずがみ」の楽しみです。 金属なのに自由に曲がり、スーッと伸びる、新しい感覚をぜひお楽しみください。...
すずがみ専用伸ばし棒|ころ18
¥1,080 
ころ|すずがみ専用伸ばし棒 とは 「ころ」は、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器「すずがみ」を平らな状態に伸ばしてくれる、専用の伸ばし棒です。 薄くて軽い「すずがみ」は、金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、力を込めずに簡単に曲げることができます。 そんな「すずがみ」を色々なかたちに変えて楽しんだ後、元の平らにしたいとき便利に使えるのが「ころ」。 すずがみの上をころころ転がすだけで、元の平らな状態に戻ります。 こちらは、長さ18cm×直径2.5cmのサイズとなります。 一番大きなすずがみ「24×24cm」サイズをお持ちの方は、長さ28cmの「ころ28」をお選びください。 「すずがみ」を元の平らな状態に 「すずがみ」と「ころ」は、鉛筆と消しゴムのような関係。鉛筆でいろいろなものを書いて、直したいときに消しゴムを使って元通りにします。 「すずがみ」を色々なかたちに変えて、平らにしたいときは、「ころ」を使ってころころ転がすだけで、元の平らな状態に戻ります。 すずがみ|商品ラインナップ 「すずがみ」には、全部で5種類のサイズ、3パターンの鎚目模様がございます。 下の一覧から、お好みのものをお選びいただくことができます。 すずがみ24×24 あられ すずがみ24×24 さみだれ すずがみ24×24 かざはな すずがみ18×18 あられ すずがみ18×18 さみだれ すずがみ18×18...
すずがみ専用ボックス|桐箱13×13
¥756 
桐箱|すずがみ専用ボックス とは箱 「桐箱」は、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器「すずがみ」を 1~5枚納められる、桐製のボックスです。 薄くて軽い「すずがみ」は、 金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、 力を込めずに簡単に曲げることができます。 この桐箱には、そんな「すずがみ」を最大5枚入れることが可能です。 「すずがみ」を贈り物にする際などに、贈答用としてお使いください。 < こちらは、すずがみ13×13cmサイズ専用の桐箱です。 「すずがみ」をギフトに この桐箱に入れられる「すずがみ」は1~5枚。 「すずがみ」は白い和紙に包まれていますので、そのまま桐箱に必要な枚数納めていただき、お贈りください。 また、贈答用だけでなく、ご自宅での保管用にお使いいただいても○。 すずがみ|商品ラインナップ 「すずがみ」には、全部で5種類のサイズ、3パターンの鎚目模様がございます。 下の一覧から、お好みのものをお選びいただくことができます。 すずがみ24×24 あられ すずがみ24×24 さみだれ すずがみ24×24 かざはな すずがみ18×18...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の小サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W24×D190×H17mm) ▋鋳肌フォーク・中(W16×D145×H10mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の大サイズです。 ▋鋳肌フォーク・中(W16×D145×H10mm) ▋鋳肌フォーク・小(W13×D133×H12mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の中サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W24×D190×H17mm) ▋鋳肌フォーク・小(W13×D133×H12mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かしたトレイをご紹介します。 真鍮の重厚感と、鋳肌ならではの質感を楽しめます。 表面は鋳肌のまま、裏面は削りこんで光沢を出し、扱いやすい重さに仕上げています。 時間が経つにつれて、次第に味のある表情に変わっていくのも魅力です。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 トレイとしてはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鋳肌トレイは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 お部屋の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 トレイの表面は鋳肌の質感を大切に、真鍮をそのまま表現しています。 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さが感じられます。 この鋳肌は年月が経つにつれ変化し、どんどん味のある表情に変わっていきます。 一方、トレイを扱いやすい重さにするために、裏面を削りこんで仕上げています。 トレイを裏返すと裏面は光沢のある、ツルツルと滑らかな質感。 食卓やお部屋に置くと、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上質なものにに変えてくれます。...
FUTAGAMI|鋳肌スプーン【小】
¥2,635 
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の小サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W36×D190×H13mm) ▋鋳肌フォーク・中(W25×D140×H11mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
FUTAGAMI|鋳肌スプーン【大】
¥3,110 
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の大サイズです。 ▋鋳肌スプーン・中(W25×D140×H11mm) ▋鋳肌スプーン・小(W25×D130×H13mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
FUTAGAMI|鋳肌スプーン【中】
¥2,711 
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の中サイズです。 ▋鋳肌スプーン・大(W36×D190×H13mm) ▋鋳肌スプーン・小(W25×D130×H13mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「スープスプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、 加工性、強度、色味などをコントロール。 また、直接口に入る部分は、銀でコーティングされています。 この銀メッキは、水分中のバクテリアに対する抗菌性が証明されており、...
計 100 商品中 1 - 20 商品