japanese-clay-pot - kawashima the japanstore
売り切れ
丸くて愛らしい、「あたため鍋」 「あたため鍋」という名前のついた、丸くおだやかなデザインの鍋。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋を洋風にしてみたら、という発想から生まれた鍋で、 ミルクパンのような小さく使い勝手の良い鍋です。 寒い冬の季節、牛乳などを温めるのに最適です。 コーヒーを淹れながらあたため鍋で牛乳を温めれば、カフェオレに。 また、ココアやチャイを作ったり、少量のちょっとしたスープやおかゆも作れます。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に 生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について 土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。...
売り切れ
丸くて愛らしい、「あたため鍋」 「あたため鍋」という名前のついた、丸くおだやかなデザインの鍋。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋を洋風にしてみたら、という発想から生まれた鍋で、 ミルクパンのような小さく使い勝手の良い鍋です。 寒い冬の季節、牛乳などを温めるのに最適です。 コーヒーを淹れながらあたため鍋で牛乳を温めれば、カフェオレに。 また、ココアやチャイを作ったり、少量のちょっとしたスープやおかゆも作れます。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に 生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について 土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。...
売り切れ
丸くて愛らしい、「あたため鍋」 「あたため鍋」という名前のついた、丸くおだやかなデザインの鍋。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋を洋風にしてみたら、という発想から生まれた鍋で、 ミルクパンのような小さく使い勝手の良い鍋です。 寒い冬の季節、牛乳などを温めるのに最適です。 コーヒーを淹れながらあたため鍋で牛乳を温めれば、カフェオレに。 また、ココアやチャイを作ったり、少量のちょっとしたスープやおかゆも作れます。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に 生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について 土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。...
売り切れ
丸くて愛らしい、「あたため鍋」 「あたため鍋」という名前のついた、丸くおだやかなデザインの鍋。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋を洋風にしてみたら、という発想から生まれた鍋で、 ミルクパンのような小さく使い勝手の良い鍋です。 寒い冬の季節、牛乳などを温めるのに最適です。 コーヒーを淹れながらあたため鍋で牛乳を温めれば、カフェオレに。 また、ココアやチャイを作ったり、少量のちょっとしたスープやおかゆも作れます。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に 生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について 土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 8号サイズは一人用のサイズ感です。鍋焼きうどんや、お粥などにぴったり。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 8号サイズは一人用のサイズ感です。鍋焼きうどんや、お粥などにぴったり。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 6号サイズは1~2人用のサイズ感です。鍋焼きうどんや、お粥などにもぴったり。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 6号サイズは1~2人用のサイズ感です。鍋焼きうどんや、お粥などにもぴったり。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 7号サイズは3~4人用のサイズ感です。 普通の土鍋よりも深さのあるデザインになっていますので、おでんやポトフ、煮込み料理にぴったりです。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 8号サイズは3~4人用のサイズ感で、ご飯を炊くなら5合程炊けます。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 8号サイズは3~4人用のサイズ感で、ご飯を炊くなら5合程炊けます。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
じっくりあたためて、冷めにくい土鍋 寒い季節に特に活躍する定番の土鍋。 こちらは、三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 8号サイズは3~4人用のサイズ感で、ご飯を炊くなら5合程炊けます。 電子レンジでのご使用も可能です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、 伊賀の耐熱土を使った土鍋の性質です。 陶器の和食器は全般的に、初めてお使いになる前に目止めが必要です。 貫入に汚れが入るのを抑えたり、土の荒い部分をふさぎ水漏れしにくくするので、食器が長持ちする手助けになります。 最初だけでなく、気になったら定期的に目止めを行うのもおすすめです。 目止めの方法(1)まず土鍋に8分目くらいまで水をたっぷり入れます。 (2)1.5分目くらいのお米を入れます。 (3)弱火で吹きこぼれないように沸騰させてください。 (4)おかゆができあがりましたら火を止め、自然に冷ましてください。 (5)冷めましたらおかゆを取り除いて水洗いし、よく乾燥させてください。...
売り切れ
昔から親しまれてきた「行平鍋」 「行平鍋」(ゆきひらなべ)という、昔から日本で親しまれてきた形の土鍋です。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋(ゆきひらなべ)とは? 土鍋の一種で、注ぎ口、取っ手、ふたのあるもの。 厚手の陶器製なので中のものが冷めにくく、お粥に最適とされています。 天明(1781‐89)の頃から作られるようになり普及したと言われている歴史のある土鍋です。 行平鍋という名前の由来は、在原行平(ありわらのゆきひら)が須磨で海女に 塩を焼かせたという故事からきているという説があります。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 蓋も付いていますので、お粥作りに最適とされる行平鍋。 色々なお料理にも応用できそうです。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、...
売り切れ
昔から親しまれてきた「行平鍋」 「行平鍋」(ゆきひらなべ)という、昔から日本で親しまれてきた形の土鍋です。 三重県伊賀市の伝統工芸品、伊賀土鍋です。 サイズは大・小の2種類をお取り扱いしております。 行平鍋(ゆきひらなべ)とは? 土鍋の一種で、注ぎ口、取っ手、ふたのあるもの。 厚手の陶器製なので中のものが冷めにくく、お粥に最適とされています。 天明(1781‐89)の頃から作られるようになり普及したと言われている歴史のある土鍋です。 行平鍋という名前の由来は、在原行平(ありわらのゆきひら)が須磨で海女に 塩を焼かせたという故事からきているという説があります。 伊賀の耐熱土のみを使用し職人が作り上げた、日本昔ながらの土鍋製品です。 ゆっくりと熱が伝わるため、中のものがじっくり温まっていきます。 そのため火から下ろしても保温性が高いことが特徴です。 蓋も付いていますので、お粥作りに最適とされる行平鍋。 色々なお料理にも応用できそうです。 赤ちゃんがいるご家庭では、離乳食を作るのにもぴったりですね。 ほっとする丸い形の素朴な鍋で、ゆっくりとした時間を演出するのも贅沢です。 松山陶工場 伊賀の土鍋製品バリエーションは こちらから 伊賀の土鍋製品のお取扱いについて 初めてお使いになる前に生地の吸収性が高いため、事前に必ずおかゆを炊いて「目止め」をしていただく必要がございます。 お米のデンプンが土鍋の細かいひび(貫入)を埋めて漏れを防ぎます。 これを怠りますと割れ、水漏れが発生しやすくなりますので、あらかじめご了承下さい。 土鍋のひび(貫入)について土鍋は、製作過程で火にかけることによって膨張、収縮を繰り返します。 その際にひび(貫入)がはいることがありますが、それは割れたということではなく、...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋一尺 東屋の布袋鍋一尺は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋一尺 東屋の布袋鍋一尺は 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋九寸サイズ 東屋の布袋鍋九寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋ギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋九寸サイズ 東屋の布袋鍋九寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋六寸半サイズギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋六寸半サイズ 東屋の布袋鍋六寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
売り切れ
東屋の布袋鍋六寸半サイズギャラリー × × × × × × × × 東屋とは 東屋は平成9年に創業され、人々の生活に密着した食器を作りを行ってきました。 末永く愛用していただく為に考えられたデザイン・形状は シンプルでいつまでも飽きのこないものに。 どこか素朴で温かみのある食器は、職人たちひとりひとりの 大切に作り上げた想いが感じられます。 毎日の食卓をいつもよりちょっと彩る 東屋の食器をお楽しみください。 東屋の布袋鍋六寸半サイズ 東屋の布袋鍋六寸サイズは 伊賀焼の伝統工芸士「柴本耕志」さんが手がけています。 経済産業省大臣指定の工芸士でもある柴本さん 高い技術と繊細で時には大胆なタッチの 土鍋を作り続けています。 どっしりとした佇まいのある鍋は 遠赤外線効果でじっくりと素材を温め...
計 33 商品中 1 - 20 商品