山の工房村 - kawashima the japanstore
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
売り切れ
山の工房村飯炊釜羽金とは 宮城県大和(たいわ)町の自然豊かな環境で作られた土釜です。 ご飯好きの窯元職人・平井さんが研究に研究を重ね手作りで作り上げました。 通常の飯炊釜に比べ、温度が均一に保ちやすくなる形状をしている為、 更に美味しくお米が炊きあがります。 玄米を炊くのにもこちらの羽金の方がより適しています。 玄米は水がお米の2倍必要なので表示炊き数の半分の量になります。 (例:五合炊きの場合、玄米は2.5合となります。) 美味しく炊ける秘密1・炭火焼き締め焼成法山の工房村飯炊釜には「炭火焼き締め焼成法」というオリジナルの成法が使われています。 飯炊釜内部に炭の成分を焼き付けることによってご飯をよりスッキリ瑞々しい味わいに仕上げてくれます。 この炭成分は1200度超の高温で焼き付けてあるため、半永久的に効果が持続します。 美味しく炊ける秘密2・高い保温性研究を重ねて生み出された丸みが、絶妙の対流熱を生み出してくれます。 内ぶたがそれを加圧して陶器ならではの保温性が生み出されます。 この保温効果によりご飯がふっくらと炊きあがります。 美味しく炊ける秘密3・温度がより均一に持ち手部分がなく、くるりと回した羽があることにより、 蓄熱がより均一で安定するため、更に美味しく炊けます。 炊き込みご飯などにもお使いいただけるので、 色々なご飯を美味しく楽しくお食べいただけます。 山の工房村飯炊釜の初めての使い方 飯炊釜は火にかけて割れ目が入ることによってより強くなります。 割れ目はすき間なので、その割れ目からの漏れを防ぐために「目止め」という作業が必要になります。 「目止め」にはおかゆを作ったり、小麦粉・お米のとぎ汁を煮るなどといった方法が最適です。 目止めとは釜には貫入(かんにゅう)といって細かい割れ目がたくさん入っています。 その割れ目の中に炊いたものがほんの少しずつ入っていきます。 これにより割れ目が少しずつ埋まっていくことを目止めと呼んでいます。...
計 4 商品中 1 - 4 商品