日野浦刃物工房 - kawashima the japanstore
売り切れ
日野浦刃物工房|味方屋作包丁 とは 火造りから鍛造、仕上げの作業に至るまで、一貫した刃物造りを丹念に。 こだわりの越後鍛冶「日野浦刃物工房」から生み出されたオリジナルブランド、 「味方屋作(あじかたや)」のステンレス三徳包丁です。 刃物どころ新潟・三条の地で、三代目日野浦司氏、四代目日野浦睦氏の両名が 一丁ずつ丁寧に鍛造しています。 錆びにくいステンレスに切れ味鋭い鋼(白二鋼)を割込み、それを丹念に叩いて伸ばして 仕上げました。 両刃の三徳包丁ですので、肉・魚・野菜など、幅広い食材にお使いいただけます。   日野浦刃物工房とは 日野浦刃物工房は、1905年創業の刃物メーカーです。 場所は、刃物づくりで有名な新潟・三条市。 日本の伝統技術である「極軟鉄」に「鋼」を融合(鍛鉄)する技法により、 火造りから仕上げの作業に至るまで、一貫した刃物造りを丁寧に行っています。 鉄と鋼を鍛えることによって、堅い鋼でも研ぎやすく、欠け難く、長切れする刃物、 そして使い手の立場に立った製品づくり、が信念。 三条の伝承の技を受け継いだ、三代目日野浦司氏、四代目日野浦睦氏の両名が 一丁ずつ丹念な手仕事で鍛造し、仕上げています。 包丁だけでなく、鉈、和式ナイフ、特殊刃物なども製作。 より多く製品を生産することよりも、お客様からより多くの信頼を得る製品づくりを目指しています。 味方屋作包丁|特長 一丁一丁、丹精込めて手でつくる 安価な包丁は、素材となる鉄板からプレス機などの機械で型を打ち抜く...
計 1 商品中 1 - 1 商品