河村庖丁製作所 - kawashima the japanstore
売り切れ
河村庖丁製作所|三条義宗 槌目 三徳包丁 とは 古くからモノづくりの地として名を馳せ、多くの職人文化が育まれてきた新潟・燕三条。 「鍛冶のまち」として鍛冶技術が栄え、包丁づくりの町としても有名です。 この燕三条の地で、「義宗」ブランドを受け継いだ職人が 伝承の匠の技で、一本一本丹精込めて仕上げた包丁をご紹介します。 素材は白紙鋼とステンレスの三層構造。 白紙鋼のなかでも希少な「安来鋼白紙一号」を用い、ステンレスで挟むことで、 鋭い切れ味を保ちながら、錆びを抑えます。 毎日の料理で使う包丁だから、 よく切れて、なおかつ錆びにも配慮されているのは嬉しいもの。 刃身に打ち込まれたデザインも美しく、 こだわりの一本として、持っているだけで気分が上がる一本です。 「鍛冶のまち」燕三条の歴史 新潟県燕三条のモノづくりの系譜は、江戸時代に遡ります。 江戸初期より「和釘(わくぎ)」づくりの地として栄えてきました。 寛永時代の初め、三条の町の中心地を流れる五十嵐川の度重なる氾濫により、 農民たちは農業だけで生計を立てていくことが困難に。 そこで、江戸から和釘づくりの職人を招き、農民たちにその製造技術を 教えてもらうことによって、この地で和釘の生産が始まります。 その後新しい鍛冶技術が伝わり、和釘から鎌や包丁などへ製造物も移り変わっていきます。 同時に、伝承の技を受け継いだ鍛冶職人が育まれ、 和釘の時代には農民の副業として始まった鍛冶業も...
計 6 商品中 1 - 6 商品