FUTAGAMI - kawashima the japanstore
FUTAGAMI|まな板立て
¥14,580 
真鍮の重さを活かした、倒れにくいまな板立て 「FUTAGAMI」から、真鍮で作ったまな板立てです。 サイズは小さいものの、真鍮ならではのずっしりとした重さで まな板をしっかり支えます。 また真鍮は耐水性にも優れているので、洗った後のまな板でも 水気を気にせず立てかけることができます。 真鍮の重厚感と鋳肌ならではの質感から、キッチンに置くとまるでオブジェのよう。 独特の存在感があり、周りの雰囲気をぐっと上質なものに変えてくれます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のまな板立ては、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 ずっしりとした重さで、まな板をしっかりホールド 「FUTAGAMI」のまな板の一番の特徴は、真鍮ならではのずっしりとした重さ。 サイズの大きなまな板でもしっかりと支えます。 幅も広く取られているので、3cmまでなら厚みのあるまな板でも立てて置くことが可能。 円形、角型等、形状もこだわることなく、縦に置いても安定感ばっちりの倒れにくさです。 また、真鍮は耐水性があるため、キッチンの水回りに置いても問題なくお使いいただけます。 まな板が触れる部分には、錫引きが施してあります。 また、底面には柔らかなシリコンを埋め込んでいますので、接地面を傷めることもありません。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「スープスプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、 加工性、強度、色味などをコントロール。 また、直接口に入る部分は、銀でコーティングされています。 この銀メッキは、水分中のバクテリアに対する抗菌性が証明されており、...
売り切れ
chopsticks&chopstick-rest 美しいフォルム、真鍮鋳肌の質感を楽しめる箸置き 「FUTAGAMI」から、『光』をテーマに鋳肌を活かして形作られた、真鍮の箸置き4点セットです。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。おもてなしにもぴったり。 小さな箸置きは収納時にバラバラになりやすいため、木箱に入れて設えられるようにしました。 愛らしい箸置きを、お気に入りの場所に設えてみませんか。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の箸置きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 『光』というテーマのもとデザインされた、鈍く光る月のフォルムは、愛らしくも上品。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上品に優雅に変えてくれます。 来客時のおもてなしにぴったりなのはもちろんですが、普段使いにもおすすめです。 箸置きをきちんと置いて食事するだけで、背筋がピンと伸び、 美しい姿と所作を保ちたいという気持ちに自然とさせてくれます。 愛でながら、大切に使い続けたい、「FUTAGAMI」の箸置き。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の質感を楽しめる箸置き 「FUTAGAMI」から、『光』をテーマに鋳肌を活かして形作られた、真鍮の箸置き4点セットです。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。おもてなしにもぴったり。 小さな箸置きは収納時にバラバラになりやすいため、木箱に入れて設えられるようにしました。 愛らしい箸置きを、お気に入りの場所に設えてみませんか。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の箸置きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 『光』というテーマのもとデザインされた、鈍く光るなだらかな山型のフォルムは、愛らしくも上品。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上品に優雅に変えてくれます。 来客時のおもてなしにぴったりなのはもちろんですが、普段使いにもおすすめです。 箸置きをきちんと置いて食事するだけで、背筋がピンと伸び、 美しい姿と所作を保ちたいという気持ちに自然とさせてくれます。 愛でながら、大切に使い続けたい、「FUTAGAMI」の箸置き。 大切な方への贈り物などにもぜひどうぞ。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の質感を楽しめる箸置き 「FUTAGAMI」から、『光』をテーマに鋳肌を活かして形作られた、真鍮の箸置き4点セットです。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。おもてなしにもぴったり。 小さな箸置きは収納時にバラバラになりやすいため、木箱に入れて設えられるようにしました。 愛らしい箸置きを、お気に入りの場所に設えてみませんか。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の箸置きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 『光』というテーマのもとデザインされた、鈍く光る結晶の欠片のような幾何学的フォルムは、美しく上品。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上品に優雅に変えてくれます。 来客時のおもてなしにぴったりなのはもちろんですが、普段使いにもおすすめです。 箸置きをきちんと置いて食事するだけで、背筋がピンと伸び、 美しい姿と所作を保ちたいという気持ちに自然とさせてくれます。 愛でながら、大切に使い続けたい、「FUTAGAMI」の箸置き。 大切な方への贈り物などにもぜひどうぞ。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の質感を楽しめる箸置き 「FUTAGAMI」から、『光』をテーマに鋳肌を活かして形作られた、真鍮の箸置き4点セットです。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。おもてなしにもぴったり。 小さな箸置きは収納時にバラバラになりやすいため、木箱に入れて設えられるようにしました。 愛らしい箸置きを、お気に入りの場所に設えてみませんか。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の箸置きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 『光』というテーマのもとデザインされた、鈍く光る閃光のフォルムは、美しく上品。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上品に優雅に変えてくれます。 来客時のおもてなしにぴったりなのはもちろんですが、普段使いにもおすすめです。 箸置きをきちんと置いて食事するだけで、背筋がピンと伸び、 美しい姿と所作を保ちたいという気持ちに自然とさせてくれます。 愛でながら、大切に使い続けたい、「FUTAGAMI」の箸置き。 大切な方への贈り物などにもぜひどうぞ。...
売り切れ
真鍮の重さを活かした、切り取りやすいペーパーホルダー 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かしたキッチンペーパーホルダーです。 鋳物特有の重さがあるので、キッチンペーパーを片手で切り取ることができます。 また上部のアームを持てば片手で簡単に持ち運びも可能。 キッチンペーパーの交換もとても簡単です。 真鍮の重厚感と鋳肌ならではの質感は、キッチンに置くとまるでオブジェのよう。 独特の存在感があり、周りの雰囲気をぐっと上質なものに変えてくれます。 「FUTAGAMI」のキッチンペーパーホルダーは2サイズございます。 こちらの商品は、大です。海外サイズの大きめのキッチンペーパーを入れてお使いいただけます。 (例:Bounty PaperTowels Φ152×H279mm) ▋キッチンペーパーホルダー・小(日本標準サイズのキッチンペーパー対応) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のキッチンペーパーホルダーは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 真鍮の重さで安定感◎ 片手で切り取れる 「FUTAGAMI」のペーパーホルダーの一番の特徴は、真鍮ならではの鋳物の重さゆえの安定感。 上部には、中央に真鍮の重りのついた木製のバーがあり、このペーパー押さえで...
売り切れ
真鍮の重さを活かした、切り取りやすいペーパーホルダー 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かしたキッチンペーパーホルダーです。 鋳物特有の重さがあるので、キッチンペーパーを片手で切り取ることができます。 また上部のアームを持てば片手で簡単に持ち運びも可能。 キッチンペーパーの交換もとても簡単です。 真鍮の重厚感と鋳肌ならではの質感は、キッチンに置くとまるでオブジェのよう。 独特の存在感があり、周りの雰囲気をぐっと上質なものに変えてくれます。 「FUTAGAMI」のキッチンペーパーホルダーは2サイズございます。 こちらの商品は、小です。日本標準サイズのキッチンペーパーを入れてお使いいただけます。 ▋キッチンペーパーホルダー・大(海外サイズのキッチンペーパー対応) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のキッチンペーパーホルダーは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 真鍮の重さで安定感◎ 片手で切り取れる 「FUTAGAMI」のペーパーホルダーの一番の特徴は、真鍮ならではの鋳物の重さゆえの安定感。 上部には、中央に真鍮の重りのついた木製のバーがあり、このペーパー押さえで ペーパーロールを適度にホールドします。 重厚感ある真鍮の台はしっかりと安定感があるため、片手でペーパーを引き出しても動くことなく、 そのまま切り取ることもできます。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の中サイズです。 ▋鋳肌スプーン・大(W36×D190×H13mm) ▋鋳肌スプーン・小(W25×D130×H13mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の大サイズです。 ▋鋳肌スプーン・中(W25×D140×H11mm) ▋鋳肌スプーン・小(W25×D130×H13mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌スプーン」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌スプーン」の小サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W36×D190×H13mm) ▋鋳肌フォーク・中(W25×D140×H11mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かしたトレイをご紹介します。 真鍮の重厚感と、鋳肌ならではの質感を楽しめます。 表面は鋳肌のまま、裏面は削りこんで光沢を出し、扱いやすい重さに仕上げています。 時間が経つにつれて、次第に味のある表情に変わっていくのも魅力です。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 トレイとしてはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鋳肌トレイは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 お部屋の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 トレイの表面は鋳肌の質感を大切に、真鍮をそのまま表現しています。 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さが感じられます。 この鋳肌は年月が経つにつれ変化し、どんどん味のある表情に変わっていきます。 一方、トレイを扱いやすい重さにするために、裏面を削りこんで仕上げています。 トレイを裏返すと裏面は光沢のある、ツルツルと滑らかな質感。 食卓やお部屋に置くと、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上質なものにに変えてくれます。...
売り切れ
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かしたトレイをご紹介します。 真鍮の重厚感と、鋳肌ならではの質感を楽しめます。 表面は鋳肌のまま、裏面は削りこんで光沢を出し、扱いやすい重さに仕上げています。 時間が経つにつれて、次第に味のある表情に変わっていくのも魅力です。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 トレイとしてはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鋳肌トレイは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 お部屋の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 トレイの表面は鋳肌の質感を大切に、真鍮をそのまま表現しています。 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さが感じられます。 この鋳肌は年月が経つにつれ変化し、どんどん味のある表情に変わっていきます。 一方、トレイを扱いやすい重さにするために、裏面を削りこんで仕上げています。 トレイを裏返すと裏面は光沢のある、ツルツルと滑らかな質感。 食卓やお部屋に置くと、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。 場の空気を一段上質なものにに変えてくれます。...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌ナイフ」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接食材に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、食材をカットした際の艶やかな切れ味、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、 加工性、強度、色味などをコントロール。 また、直接食材に触れる部分は、銀でコーティングされています。 この銀メッキは、水分中のバクテリアに対する抗菌性が証明されており、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の中サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W24×D190×H17mm) ▋鋳肌フォーク・小(W13×D133×H12mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の大サイズです。 ▋鋳肌フォーク・中(W16×D145×H10mm) ▋鋳肌フォーク・小(W13×D133×H12mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
売り切れ
美しいフォルム、真鍮鋳肌の滑らかさ。大切に愛でて使いたくなる食器 真鍮鋳肌を持ち手に活かした、「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズから、 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめる「鋳肌フォーク」をご紹介します。 持ち手には真鍮を使用。鋳肌のまま、塗装せずに仕上げられています。 ざらっとしながらも滑らかな鋳肌独特の感触は、手にしっかりと馴染み、 滑ることなくお使いいただけます。 直接口に触れる部分には銀メッキが施されています。 真鍮と銀のコントラスト、口に含んだときの艶やかな感触、さらに手に取ったときの 滑らかな鋳肌の触り心地をぜひお楽しみください。 こちらの商品は、「鋳肌フォーク」の小サイズです。 ▋鋳肌フォーク・大(W24×D190×H17mm) ▋鋳肌フォーク・中(W16×D145×H10mm) 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」のカトラリーシリーズは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 独自配合の「鉛レス真鍮」素材 食品衛生法上、真鍮などの銅合金素材で食器を作る場合鉛分が0.1%以下の素材でなくてはならず、 銅や錫などでコーティングするようにという規制があります。 そのため、「FUTAGAMI」カトラリーシリーズでは、独自配合の「鉛レス真鍮」素材を用い、...
FUTAGAMI|鍋敷き【太陽】
¥4,190 
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かして形作られた鍋敷きをご紹介します。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。 4つのデザインからなる「FUTAGAMI」の鍋敷きシリーズでは、 真鍮の色をそれぞれ『月』『太陽』『銀河』『星』に見立てました。 こちらでご紹介している『太陽』は、放射状の凹凸のあるフォルム。 凹凸によって生み出される陰影が美しく、熱もうまく逃がしてくれます。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 鍋敷きにはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鍋敷きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 こちらの『太陽』は、円形の中心をくり抜いたフォルム。 放射状に凹凸があり、それによって美しい陰影が生み出されています。 中心に開いた穴とこの凹凸により、上に置いた鍋などの熱を上手に逃がしてくれます。 背面には、3点の突起が付いており、台に直接触れずに置けるようになっています。...
FUTAGAMI|鍋敷き【星】
¥3,586 
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かして形作られた鍋敷きをご紹介します。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。 4つのデザインからなる「FUTAGAMI」の鍋敷きシリーズでは、 真鍮の色をそれぞれ『月』『太陽』『銀河』『星』に見立てました。 こちらでご紹介している『星』は、美しい曲線で象られたシンプルなフォルム。 サイズもコンパクトで扱いやすい鍋敷きです。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 鍋敷きにはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鍋敷きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 こちらの『星』は、曲線を組み合わせて星の煌めきを表現した、シンプルながら美しいフォルム。 コンパクトサイズで、扱いやすい大きさなので、食卓にさっと出して使いたいときも便利です。 背面には、3点の突起が付いており、台に直接触れずに置けるようになっています。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。...
FUTAGAMI|鍋敷き【月】
¥4,190 
真鍮の重厚感、鋳肌独特の質感を楽しむ 「FUTAGAMI」から、真鍮の鋳肌を活かして形作られた鍋敷きをご紹介します。 美しいフォルムと鋳肌ならではの質感を楽しめます。 4つのデザインからなる「FUTAGAMI」の鍋敷きシリーズでは、 真鍮の色をそれぞれ『月』『太陽』『銀河』『星』に見立てました。 こちらでご紹介している『月』は、中をくり抜いた円形のフォルム。 鋳肌の砂目の跡が本当に月の表面のクレーターのようです。 気品のある佇まいと独特の存在感が空間に映えること間違いなし。 鍋敷きにはもちろんのこと、お部屋のインテリアとしてもお楽しみいただけます。 人と場所に馴染む、真鍮 「FUTAGAMI」は、1897年(明治30年)創業、富山県高岡市の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。 耐腐食性が強く、その色味の良さから、昔から建築や家具の金物など様々な分野で使用されてきた真鍮。 素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具などの素材としても長い歴史をもちます。 使えば使うほど表面が酸化し、独特の味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材です。 「FUTAGAMI」の鍋敷きは、この真鍮独自の風合いを大切に、塗装などせずそのままつくられています。 鋳造後、型から取り出したままの鋳物の表面(鋳肌)の状態をできるだけ損なわないよう、表情として表現しました。 真鍮独特の持味や特性、風合い、鋳込んだ時に起こる金属と砂型の化学反応などもそのまま活かしています。 また色止めやクリアなどによる酸化防止はおこなっていないので、経年変化によって使うほどに風合いが深まり熟成され、生活に馴染んできます。 食卓の雰囲気を上質なものに変える、真鍮の存在感 真鍮の鋳肌の触感は滑らかながら、鋳肌独特のざらっとした素朴な感覚もあり、 使うほどに味わい深さを感じます。 こちらの『月』は、中をくり抜いた、三日月様のフォルム。 鋳肌についた砂目の跡が、月の表面のクレーターのように見えて雰囲気を感じさせてくれます。 背面には、3点の突起が付いており、台に直接触れずに置けるようになっています。 食卓に設えてみると、空間に馴染みながらも、その存在感は抜群。...
計 21 商品中 1 - 20 商品