手で曲げてつくる、錫の紙|薄すずがみ 7.5×7.5 かざはな - kawashima the japanstore

手で曲げてつくる、錫の紙|薄すずがみ 7.5×7.5 かざはな

¥2,160 

薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器 とは 「薄(はく)すずがみ」とは、紙のように薄くて、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器です。 伝統工芸の鋳物づくりで有名な、富山県・高岡の地で寺院の「おりん」をつくる職人が、その鍛金の技をつかい、一枚一枚金槌で丹念に叩いてつくりました。 薄くて軽い「すずがみ」。金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、力を込めずに簡単に曲げることができます。 厚さ約0.4mmと、通常のすずがみよりも更に薄くなっているため、折り紙のように折ることのできるすずがみです。 ハサミで容易に切れ、細長く切ってから形作ることもできます。 折り紙のように折ってオブジェにしたり、好きなかたちにカットしてアクセサリーを作ったり。アイデア次第で、あなただけのオリジナル作品のできあがりです。 こちらは、7.5cm×7.5cmの「薄すずがみ」サイズ、鎚目模様「かざはな」の商品となります。 すずがみのご紹介 「薄すずがみ」は金属ですが、大変薄く、また非常に柔らかいため、 お取り扱いには十分ご注意ください。   「shouryu」とは 「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用の「おりん」を専門に製造しているシマタニ昇龍工房の自社ブランドです。 シマタニ昇龍工房のある富山県・高岡市は、元来鋳物づくりで有名な場所です。高岡市でつくられる「高岡銅器(たかおかどうき)」は、伝統工芸品に指定されています。 この地で、シマタニ昇龍工房は寺院で使われる仏具「鈴(りん)」をつくってきました。 今では、全国に10人に満たないといわれる「おりん職人」。この工房には3人の職人がおり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。 おりんの製作風景 この「金鎚で叩く」技術から新しく誕生したのが、「すずがみ」です。 「すずがみ」の誕生 「おりん」づくりで培われた、職人たちの熟練の鍛金の技を用いて、「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」その考えが「すずがみ」誕生の元となっています。 「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。 圧延された、わずか0.7mmほどの錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備えることができます。 長年のおりんづくりで培われた熟練の技から生まれた、鍛金職人ならではの商品となりました。 熟練の職人がリズミカルに叩いた錫の板は、金属層が幾重にも重なり合って繊維状になり、折り曲げによる金属疲労の度合いが減っています。 「金鎚で叩く」技術により生まれた「すずがみ」。使う人自らがかたちづくる楽しみが、「すずがみ」の楽しみです。 金属なのに自由に曲がり、スーッと伸びる、新しい感覚をぜひお楽しみください。 曲げて、伸ばして、また曲げる 「曲げる」...

売り切れ

薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器 とは

「薄(はく)すずがみ」とは、紙のように薄くて、自由に手で曲げることのできる錫(すず)の器です。 伝統工芸の鋳物づくりで有名な、富山県・高岡の地で寺院の「おりん」をつくる職人が、その鍛金の技をつかい、一枚一枚金槌で丹念に叩いてつくりました。

すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
薄くて軽い「すずがみ」。金属なのに、まるで折り紙を折っているかのごとく、力を込めずに簡単に曲げることができます。
薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の板
厚さ約0.4mmと、通常のすずがみよりも更に薄くなっているため、折り紙のように折ることのできるすずがみです。 ハサミで容易に切れ、細長く切ってから形作ることもできます。 折り紙のように折ってオブジェにしたり、好きなかたちにカットしてアクセサリーを作ったり。アイデア次第で、あなただけのオリジナル作品のできあがりです。
薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の板
こちらは、7.5cm×7.5cmの「薄すずがみ」サイズ、鎚目模様「かざはな」の商品となります。

すずがみのご紹介
「薄すずがみ」は金属ですが、大変薄く、また非常に柔らかいため、 お取り扱いには十分ご注意ください。

 

「shouryu」とは

「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用の「おりん」を専門に製造しているシマタニ昇龍工房の自社ブランドです。 シマタニ昇龍工房のある富山県・高岡市は、元来鋳物づくりで有名な場所です。高岡市でつくられる「高岡銅器(たかおかどうき)」は、伝統工芸品に指定されています。

すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
この地で、シマタニ昇龍工房は寺院で使われる仏具「鈴(りん)」をつくってきました。 今では、全国に10人に満たないといわれる「おりん職人」。この工房には3人の職人がおり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。

おりんの製作風景
この「金鎚で叩く」技術から新しく誕生したのが、「すずがみ」です。

「すずがみ」の誕生

「おりん」づくりで培われた、職人たちの熟練の鍛金の技を用いて、「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」その考えが「すずがみ」誕生の元となっています。

すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。 圧延された、わずか0.7mmほどの錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備えることができます。 長年のおりんづくりで培われた熟練の技から生まれた、鍛金職人ならではの商品となりました。
すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
熟練の職人がリズミカルに叩いた錫の板は、金属層が幾重にも重なり合って繊維状になり、折り曲げによる金属疲労の度合いが減っています。 「金鎚で叩く」技術により生まれた「すずがみ」。使う人自らがかたちづくる楽しみが、「すずがみ」の楽しみです。 金属なのに自由に曲がり、スーッと伸びる、新しい感覚をぜひお楽しみください。

曲げて、伸ばして、また曲げる

「曲げる」

紙のように、思い通りのかたちに手で曲げることができます。

ジグザグ1

「伸ばす」

曲げたすずがみは、「ころ」を使えば簡単に元の平らな状態に戻すことができます。

ジグザグ1

「また曲げる」

何度も曲げ伸ばししてお使いいただけます。

ジグザグ1
金属なのに、軽い力でふわっと曲がる不思議な「すずがみ」。 曲げたり、折ったりして、自分好みのかたちに整えお使いいただいたあとは、専用の「ころ」などを使って伸ばせば、元に戻すことができます。 その後また違うかたちづくりにチャレンジ。自分の好きなかたちに、何度でも変えながらお使いいただけるのが魅力です。
すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
「すずがみ」は、主にお皿、器としてお使いいただけます。 「すずがみ」の中でも一番小さなこのサイズは、菓子皿や薬味皿に丁度よいサイズ。 取り皿にもお使いいただけます。 また、お手拭きをのせるお皿や、湯飲みをのせる茶托としても◎。 お客様にお出しする際にぱっと場が華やぎ、おもてなしにもぴったりです。 さらに、角を折り返して、箸置きやカトラリーレストとしても使うことができます。

そんな「すずがみ」をさらに薄く

薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の板
「薄すずがみ」は、厚さわずか約0.4mm。 通常のすずがみよりもさらに薄いので、本当に折り紙のように折ることができるんです。 また、ハサミで簡単に切ることもできます。 細長く切ってから、お好きなかたちにしてアクセサリーや箸置きに。
薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の板

アイデア次第で、さまざまなものにかたちを変える「薄すずがみ」。 自分だけのオリジナル作品をつくってみませんか。

贈り物にもどうぞ

すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器
「薄すずがみ」はギフトにもぴったり。誕生日や記念日などの贈り物だけでなく、新築やお引越しのお祝い、結婚式の引き出物などにもおすすめです。「ありふれたものではつまらない…」「ちょっとひねったこだわりの品を贈りたい」とお探しの方々に大変好評をいただいています。

すずがみ|商品ラインナップ

「すずがみ」には、全部で5種類のサイズ、3パターンの鎚目模様がございます。 下の一覧から、お好みのものをお選びいただくことができます。
すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の器

サイズ/仕様

サイズ 7.5×7.5(cm)
仕様 素材:錫(圧延)生産国:日本(シマタニ昇龍工房)
<薄すずがみ|手で曲げて自分でつくる、錫の板

※「薄すずがみ」は金属ですが、大変薄く、また非常に柔らかいため、お取り扱いには十分ご注意ください。